さよならテレビ

さよなら

てれび

これは、裸のラヴレター

薄っぺらいメディアリテラシーはもういらない。『ヤクザと憲法』監督&プロデューサーが描くテレビの自画像。東海テレビドキュメンタリー劇場第12弾

プロデューサー:阿武野勝彦 音楽:和田貴史 音楽プロデューサー:岡田こずえ 撮影:中根芳樹 音声:枌本昇 CG:東海タイトル・ワン 音響効果:久保田吉根 TK:河合舞 編集:高見順 監督:圡方宏史 製作・配給:東海テレビ放送 配給協力:東風 2019年/日本/109分/DCP/ドキュメンタリー(c)東海テレビ放送
2020年1月2日(木)より[東京]ポレポレ東中野 [愛知]名古屋シネマテークほか全国順次ロードショー
2019年12月14日(土)―28(土)ポレポレ東中野にて 特集上映「東海テレビドキュメンタリーのお歳暮」開催
特集上映プログラムを開く

私たち、どうして、 お別れしたのだろう?私たち、どうして、 お別れしたのだろう?

今は昔。テレビは街頭の、お茶の間の、ダントツの人気者だった。豊かな広告収入を背景に、情報や娯楽を提供する民間放送は、資本主義社会で最も成功したビジネスモデルの一つだった。しかし、その勢いはもうない。「テレビは観ない」と公言することがクールだった時代を通り越し、今はテレビを持たない若者も珍しくない。マスメディアの頂点でジャーナリズムの一翼を担ってきたテレビが、「マスゴミ」と揶揄されるようになって久しい。これは市民社会の成熟か、あるいはメディア自身の凋落か…。今、テレビで、何が起きているのか? 『ホームレス理事長』『ヤクザと憲法』のクルーが、自社の報道部にカメラを入れた。

本作は東海テレビ開局60周年記念番組「さよならテレビ」(77分)に新たなシーンを加えた待望の映画化である。自らを裸にしていくかのような企画は、取材当初からハレーションを引き起こした。そして、東海地方限定で放送されるやいなや、テーマだけでなく、その挑発的な演出が、異例の大反響を呼んだ。番組を録画したDVDが、まるで密造酒のように全国の映像制作者に出回った。テレビの現場は日々、何に苦悩し、何を恐れ、どんな決断を迫られているのか。果たして、今のテレビにレゾンデートルはあるのか?

薄っぺらいメディアリテラシーは、もうたくさん。テレビの今を活写する。

コメント

武田砂鉄ライター

撮影者も被写体も鑑賞者も翻弄される。
その状態はあたかも、テレビが作り出すものに「真実」はあるのか、との問いに対する暫定的な答えのようにも思える。
少なくとも即答できるものではないことだけがわかる。
だから、繰り返し観る。そういう作品だ。

水道橋博士お笑い芸人

さすが東海テレビ、自社にも忖度なし!!
本作は、泥の中を泳ぐテレビマンの終わりなき日常を活写している!

森達也映画監督/作家

あなたがもしテレビ業界人なら、観ながらずっと居心地が悪い思いをするはずだ。
そしてもし業界人でないのなら、自分たちと何も変わらないテレビ業界人の喜怒哀楽について、思いきり胸を打たれるはずだ。
テレビ版とはまったく違う。見事な映画だ。

カンパニー松尾AV監督

テレビマンが作った、もう一度テレビをおもしろくするための反省文。
それが真っ黒で、テレビに収まらず映画になる皮肉と覚悟。必見!!

赤江珠緒キャスター

例えば報道は怒り、スポーツは歓喜、
情報は誠実さ、バラエティーは癒し…
TVの現場で求められる感性は様々だけれど「時代」という言葉の前にその感性を手離していいのだろうか。
手離した先にプロのTVマンとしての未来はあるのだろうか。

吉岡忍作家

この近しさは何だ?
撮っている人は、落ち着きがない。
写っている人も、はっきりしない。
もっとシャキッとしろよ、と言いたくなる。
だが、これがいまのテレビだ。
いまのマスコミと世の中のもどかしさだ。
しかし、映画館を出たところで、私は口をつぐむ。
この近しさは何だ?
なんだ、撮ったのも、写っていたのも、私じゃないか。
鏡に映ったわが身を見てきたような気がする。
そういえば、あなたもあそこにいませんでした?

三宅民夫アナウンサー

あらゆる取材をしてきたテレビが、まだ描いていない場所が、局内にあった。報道現場の編集会議。
秘密の情報や本音が交わされる場に、制作陣はカメラを据える。
挑戦があぶり出す放送現場の現実。取材とは、テレビとは何か、根本から問う問題作。

(敬称略・順不同)

スタッフ

プロデューサー阿武野勝彦(あぶの・かつひこ)

1959 年生まれ。同志社大学新聞学科卒業、81 年東海テレビ入社。アナウンサーを経てドキュメンタリー制作。 主なディレクター作品に「村と戦争」(95・放送文化基金賞優秀賞)、「約束〜日本一のダムが奪うもの〜」(07・ 地方の時代映像祭グランプリ)など。プロデュース作品に「とうちゃんはエジソン」(03・ギャラクシー大賞)、「裁判長のお弁当」(07・同大賞)、「光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の 300 日〜」(08・日本民間放送連盟賞最優秀賞)など。 劇場公開作は『平成ジレンマ』(10)、『死刑弁護人』(12)、『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(12)、『ホームレス理事長 退学球児再生計画』(13)、『神宮希林』(14)、『ヤクザと憲法』(15)、『人生フルーツ』(16)、『眠る村』(18)でプロデューサー、『青空どろぼう』(10)、『長良川ド根性』(12)で共同監督を務める。個人賞として、日本記者クラブ賞(09)、芸術選奨文部科学大臣賞(12)、放送文化基金賞(16)など。東海テレビドキュメンタリー劇場として、菊池寛賞(18)。

監督圡方宏史(ひじかた・こうじ)

1976年生まれ。上智大学英文学科卒業、98年東海テレビ入社。制作部で情報番組やバラエティ番組のAD、ディレクターを経験したのち09年に報道部に異動。遊軍としてメイン企画コーナーのVTRを担当する。11年、12年に日本の農業や交通死亡事故をテーマにした啓発キャンペーンCMなどを製作。『ホームレス理事長 退学球児再生計画』(13)でドキュメンタリー映画を初監督。公共キャンペーン・スポット「震災から3年~伝えつづける~」で、第52回ギャラクシー賞CM部門大賞、2014年ACC賞ゴールド賞を受賞。公共キャンペーン・スポット「戦争を、考えつづける。」で2015年ACC賞グランプリ(総務大臣賞)を受賞。2016年、監督第2作となる『ヤクザと憲法』(15)を劇場公開し大反響を呼ぶ。

音楽和田貴史(わだ・たかふみ)

1979年生まれ。千葉県出身、千葉県在住。東京コンセルヴァトアール尚美作曲学科卒業。作・編曲、プロデュース。株式会社Dimension Cruise代表。最近では自身の音楽制作ユニットBeagle Kickとしても活動している。NHKスペシャル「巨大災害 MEGADISASTER」、アニメ「テラフォーマーズ・リベンジ」、「学園黙示録High School of the Dead」、「終わりのセラフ」、「七つの大罪」等。東海テレビドキュメンタリー作品は、本作が初。

音楽プロデューサー岡田こずえ(おかだ・こずえ)

映画『マルサの女』(伊丹十三監督)、『ガンヘッド』(原田眞人監督)、『バカヤロー!シリーズ』(森田芳光総指揮)などの音楽制作から、映画・TV・CM・舞台の音楽を制作。アニメーション映画『時をかける少女』、『サマーウォーズ』(細田守監督)なども手がけている。また近年は、著作権・海外ライセンスなどにも詳しい音楽プロデューサーとして作品作りに係わっている。東海テレビ作品は「検事のふろしき」(09)、「毒とひまわり」(10)、「母の絵日記」(10)、『平成ジレンマ』(10)、『青空どろぼう』(10)、「議会のかたち」(11)、『死刑弁護人』(12)、『長良川ド根性』(12)、「四季 純情の里」(12)、『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(12)、「熱中コマ大戦 全国町工場奮闘記」(13)、『ホームレス理事長 退学球児再生計画』(13)、『神宮希林』(14)、「森林ニッポン」(14)、「じゃがいもコロコロ」(15)、『ヤクザと憲法』(15)、「熱中コマ世界大戦」(15)、「戦後70年 樹木希林 ドキュメンタリーの旅」(15)、『ふたりの死刑囚』(15)、『人生フルーツ』(16)、「きずあと 101歳 戦争と平和のレクイエム」(16)、「悪い犬」(17)、「家族のキモチ」(17)、「私のドキュメンタリー10の旅」(18)、『眠る村』(18)、「Home~闇サイト事件・娘の贈りもの~」(18)、『さよならテレビ』(19)、「はこぶね~伊勢湾台風・開拓者の60年~」(19)など28作。

撮影中根芳樹(なかね・よしき)

1974年生まれ。大同工業大学工学部卒業、97年東海テレビプロダクション入社。東海テレビでニュース、ドキュメンタリーの撮影を担当。主な担当作品に「とうちゃんはエジソン」(03・ギャラクシー大賞)、「福祉番長!」(04・ゆふいん文化・記録映画祭松川賞)、「森といのちの響き~お伊勢さんとモアイの島~」(08)。劇場版ドキュメンタリーの撮影は『ホームレス理事長 退学球児再生計画』(13)、『神宮希林』(14)、『ヤクザと憲法』(15)。公共キャンペーン・スポット「震災から3年~伝えつづける~」で、第52回ギャラクシー賞CM部門大賞、2014年ACC賞ゴールド賞を受賞。公共キャンペーン・スポット「戦争を、考えつづける。」で2015年ACC賞グランプリ(総務大臣賞)を受賞。

音響効果久保田吉根(くぼた・よしね)

1976年生まれ。高校卒業後、渡英。シェフィールド・ハラム大学経営学部中退。帰国後、2000年東海サウンド入社。報道、ドキュメンタリーからスポーツ、バラエティまで幅広いジャンルで音響効果を担当。参加した劇場版ドキュメンタリーは『平成ジレンマ』(10)、『死刑弁護人』(12)、『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(12)、『ホームレス理事長 退学球児再生計画』(13)、『神宮希林』(14)、『ヤクザと憲法』(15)、『ふたりの死刑囚』(15)、『人生フルーツ』(16)。

編集高見順(たかみ・じゅん)

1969年生まれ。名古屋造形芸術短期大学卒業(現・名古屋造形大学)、91年東海テレビプロダクション入社。CМ、VP、番組制作を経て、06年報道部のニュース、ドキュメンタリー編集担当。主な作品は「路上のカルテ」(09・座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル入賞)、「母の絵日記」(10・ギャラクシー賞奨励賞)、「議会のかたち」(11・ギャラクシー賞奨励賞)、「戦後70年 樹木希林 ドキュメンタリーの旅」(15)、「きずあと 101歳 戦争と平和のレクイエム」(16・ギャラクシー賞選奨)。公共キャンペーン・スポットでは、ギャラクシー賞CM部門大賞、ACC賞グランプリ(総務大臣賞)などを受賞。劇場版ドキュメンタリーの編集は『ホームレス理事長 退学球児再生計画』(13)。

予告編

劇場情報

2020年1月2日(木)より[東京]ポレポレ東中野 [愛知]名古屋シネマテークほか全国順次ロードショー

2019年12月14日(土)―28(土)ポレポレ東中野にて 特集上映「東海テレビドキュメンタリーのお歳暮」開催

特集上映プログラムを開く

上映イベント

地域 開催日時 会場 備考
(★は@に変えて下さい)
岩手県 下閉伊郡 2020年11月29日(日)
13:30~
岩泉町民会館 大ホール 【主催・お問合せ先】
つぴたあれいわいずみ実行委員会
*主催者フェイスブックサイト:【リンク】
MAIL:tupitaareiwaizumi★gmail.com

公開劇場

地域 劇場名 電話番号 公開日
東京都 トリウッド 03-3414-0433 9月4日(金)〜10月2日(金)
富山県 Da Friends × HOTORI-ZA 0766-24-9229 10月3日(土)〜10月16日(金)
東京都 ポレポレ東中野 03-3371-0088 <ロングラン公開中!!>
1月2日(木)〜4月17日(金)まで!!
東京都 ユーロスペース 03-3461-0211 <上映終了>
1月11日(土)〜2月21日(金)
東京都 キネカ大森 03-3762-6000 <上映終了>
7月24日(金)〜8月6日(木)
神奈川県 横浜 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 <上映終了>
1月18日(土)〜2月7日(金)
神奈川県 あつぎのえいがかん kiki 046-240-0600 <上映終了>
2月1日(土)〜2月14日(金)
埼玉県 川越スカラ座 049-223-0733 <上映終了>
2月8日(土)〜2月14日(金)
埼玉県 深谷シネマ 048-551-4592 <上映終了>
6月14日(日)〜6月27日(土)
千葉県 シネマイクスピアリ 047-305-3855 <上映終了>
9月4日(金)〜9月10日(木)
群馬県 シネマテークたかさき 027-325-1744 <上映終了>
1月18日(土)〜1月31日(金)
栃木県 宇都宮ヒカリ座 028-633-4445 <上映終了>
7月11日(土)〜7月24日(金)
茨城県 あまや座 029-212-7531 <上映終了>
2月22日(土)〜3月6日(金)
北海道 シアターキノ 011-231-9355 <上映終了>
<上映延長決定!!>
2月1日(土)〜2月20日(木)
北海道 函館 シネマアイリス 0138-31-6761 5月1日(金)より公開
近日公開
青森県 フォーラム八戸 0178-38-0035 <上映終了>
2月14日(金)〜2月20日(木)
岩手県 フォーラム盛岡 019-622-4770 <上映終了>
4月10日(金)〜4月16日(木)
山形県 フォーラム山形 023-632-3220 <上映終了>
2月21日(金)〜2月27日(木)
宮城県 フォーラム仙台 022-728-7866 <上映終了>
2月14日(金)〜3月5日(木)
福島県 フォーラム福島 024-533-1515 <上映終了>
2月21日(金)〜2月27日(木)
新潟県 高田世界館 025-520-7442 <上映終了>
2月15日(土)〜2月28日(金)
新潟県 シネ・ウインド 025-243-5530 <上映終了>
2月8日(土)〜2月28日(金)
石川県 シネモンド 076-220-5007 <上映終了>
2月8日(土)〜2月21日(金)
富山県 HOTORI × ほとり座 076-422-0821 <上映終了>
2月29日(土)〜3月13日(金)
愛知県 名古屋シネマテーク 052-733-3959 <上映終了>
<アンコール上映決定!!>
2月29日(土)〜3月13日(金)
愛知県 刈谷日劇 0566-23-0624 <上映終了>
5月16日(土)〜6月4日(木)
静岡県 静岡シネ・ギャラリー 054-250-0283 <上映終了>
2月15日(土)〜2月28日(金)
静岡県 浜松 シネマイーラ 053-489-5539 <上映終了>
2月22日(土)〜2月28日(金)
静岡県 イオンシネマ富士宮 0544-28-2222 <上映終了>
5月18日(月)〜6月4日(木)
静岡県 シネプラザサントムーン 055-983-1800 <上映終了>
5月29日(金)~6月11日(木)
長野県 長野ロキシー 026-232-3016 <上映終了>
3月28日(土)〜4月17日(金)
長野県 松本CINEMAセレクト 0263-98-4928 <上映終了>
2月1日(土)のみ
大阪府 第七藝術劇場 06-6302-2073 <上映終了>
1月4日(土)〜3月13日(金)
大阪府 イオンシネマ茨木 072-621-0807 <上映終了>
5月22日(金)~6月4日(木)
京都府 京都シネマ 075-353-4723 <上映終了>
<アンコール上映決定!!>
3月7日(土)〜3月26日(木)
兵庫県 元町映画館 078-366-2636 <上映終了>
1月18日(土)〜2月7日(金)
兵庫県 宝塚 シネ・ピピア 0797-87-3565 <上映終了>
6月12日(金)〜6月25日(木)
兵庫県 豊岡劇場 0796-34-6256 <上映終了>
1月31日(金)〜2月20日(木)
岡山県 シネマ・クレール 086-231-0019 <上映終了>
3月6日(金)〜3月19日(木)
広島県 横川シネマ 082-231-1001 <上映終了>
2月8日(土)〜2月29日(土)
広島県 シネマ尾道 0848-24-8222 <上映終了>
3月2日(月)〜3月13日(金)
愛媛県 シネマルナティック 089-933-9240 <上映終了>
5月8日(金)〜5月14日(木)
香川県 ホール・ソレイユ 087-861-3366 <上映終了>
2月14日(金)〜2月27日(木)
福岡県 KBCシネマ1・2 092-751-4268 <上映終了>
2月8日(土)〜2月21日(金)
大分県 シネマ5 097-536-4512 <上映終了>
2月1日(土)〜2月7日(金)
大分県 別府ブルーバード劇場 0977-21-1192 <上映終了>
5月15日(金)〜5月21日(木)
大分県 日田シネマテークリベルテ 0973-24-7534 <上映終了>
6月20日(土)〜7月3日(金)
佐賀県 シアターシエマ 0952-27-5116 <上映終了>
3月6日(金)〜3月19日(木)
熊本県 Denkikan 096-352-2121 <上映終了>
2月7日(金)〜2月20日(木)
宮崎県 宮崎キネマ館 0985-28-1162 <上映終了>
6月6日(土)〜6月12日(金)
鹿児島県 ガーデンズシネマ 099-222-8746 <上映終了>
2月23日(日)〜2月29日(土)
沖縄県 桜坂劇場 098-860-9555 <上映終了>
5月16日(土)〜6月12日(金)
沖縄県 石垣市 ゆいロードシアター 0980-83-3150 4月20日(月)〜5月6日(水)